余計なものがなく、広い空間に家族があつまる団らんの家

注文住宅を依頼したハウスメーカーや工務店はどこ?

アイエスホーム

注文住宅を購入する前は、住宅に関してどんな悩みや目的がありましたか?

だれもが思うことだと思いますが。自分たちが建てたい、「間取り、家の形」をうまく表現し、設計士」に伝えられるかどうかです。そしてそこには、予算が関わります。「希望の間取り」があっても「予算不足」が邪魔をする。といったことが」たびたびありました。また、間取り、家の外観がきまったとき、「その実際像は」どうなるのかなど、設計図と実際の像の差異はきになりました。幸いにも、私がたてたハウスメーカは、パソコンでの立体映像(グーグルのような)が把握できましので、安心はしました。

注文住宅を購入することに決めた理由やきっかけ

子供たちのプライベート空間がないことが最大の理由です。要は友達を家に呼んだ際は、部屋が1室しかないので、兄弟のどちらかが邪魔になります。年齢も、そろそろ「プライベート空間、場所」を意識する年頃でした。したがって、子供たちの空間をそろえてかったこと。また、その他の理由として。私と結婚してくれた妻にも、「一度は」新しい家にすませてあげたかったことです。いままでは、両親同居であったため、過ごしたい空間はなかったと思います。しかし、今回の家は、設計、デザインなど「妻」の意見を多くとりいれたものとしました。

依頼する建築会社を選ぶときに注意したポイントや、その会社を選んだ理由

マンション購入のポイント

実勢がおおくあるか、また、地元密着がたで、「トラブル」などが発生した際に、すぐさま対応してくださるかなどの、アフターフォローの面を一番にかんがえました。私がお願いした「アイエスホーム」さんは徐元密着した、メーカーさんであり、地場の情報など詳しくしっています。そのいみで、お願いすることは、建てたあとのアフターフローの安心さがあったからです。また、このメーカさんは、「リフォーム」業もいとなんでおり、ある程度の年月がたち、リフォームを検討した際は、設計、構造を理解されているので、将来的な展望がありました。

完成した家に住み始めて「こんな風に劇的に生活が変わった」という変化

マンション購入して失敗

いちばんのおおきな理由は、家族全員が、あつまる広いリビングが確保できたことです。ここには、子供たちがあつまり、当然ながら「話題」がとびます。いままで、若干子供たちとはなれかかった関係も、若干ながら「ちかずいた」気がいたしました。このリビング設定には、かなりの時間を要しました。一番のポイントは、「邪魔なものはできるだけおかない」です。要は、広く、動きやすい空間、動線がほしかったのです。今広々とした、リビングとソファーでくつろいでいます。

これから注文住宅の購入を考えている人へ向けたアドバイス

注文住宅については、そのなの通り、「ユーザ」が指定して、設計士と意見交換しながら、「使い勝手」がよい、「自分たちの意思」をつたえる家であってほしいと思います。それは、小さなものから、隅々です。私の家は、妻のアイデアで余計な「家具」等は一切かいませんでした。その例が「箪笥類」です。箪笥にかわる、衣装棚を最初から、デザインに組み込んでいただきました。これによる「空間確保」は絶大です。また、余計なコストがいりません。

注文住宅で失敗しないために!

理想の注文住宅を実現するには?

注文住宅の魅力は自分の理想の間取りを実現できること。
しかし、注文住宅を建てようと思っても初めてのときは何から始めたら良いか分からないですよね。

よく分からずに住宅展示場に行くと

よくある失敗

  • 営業マンのセールストークに流されて契約してしまう
  • よく調べずに勧められたハウスメーカーに依頼して後悔する
  • 希望通りの間取りで完成したが住みにくい
  • 相場よりも1,000万円以上高くなってしまった
  • どのハウスメーカーに依頼するのが良いか分からない

といったことになりかねません。

高いお金を出して建てる家ですから、そのような失敗をしたら後悔してもしきれません。

理想の注文住宅を実現するには3つのポイントがあります。

理想の注文住宅を実現するポイント

  • 間取り
  • 費用
  • 土地探し

そこで、「間取り作成」や「資金計画の作成」「土地探し」などが無料のサービスがあるのをご存知でしょうか?

「タウンライフ家づくり」というサービスを利用すると、複数のハウスメーカーや工務店に「間取り作成」「資金計画の作成」「土地探し」などを依頼できます。
そして提出された間取りプランや資金計画などを見て、一番良いと思った業者に依頼することができます。

「注文住宅で絶対に失敗したくない」

という方は是非利用したいサービスです。

注文住宅を建てるなら低金利の今がチャンス!

⇒ 詳しい記事を読む


\全て無料で作成できる/
タウンライフ家づくり
<<タウンライフ家づくりはこちら>>